2008年10月25日

MD3 Stereo Mastering

MD3は放送局とかでつかわれるマスタリング用の機械System6000をモデリングしたもの。
これ一個で10万ちょい。コンプ一つに10万円。
でも、これがあれば、モニターではならないがラジカセではなってしまうピークが押さえられる。


特徴 [TC ELECTRONIC(ティーシーエレクトロニック)/MD3 Stereo Mastering]
System6000の誇る妥協のないプロセッシングを、Win/Mac の両DAW環境で実現します。System6000でしかなしえることのできなかったサウンド・クオリティをもたらします。
スペック [TC ELECTRONIC(ティーシーエレクトロニック)/MD3 Stereo Mastering]
■POWERCORE専用プラグインソフト
■マルチバンド・48ビット内部処理
■Multiband Dynamics:4バンド・パラメトリックEQ/3バンド・エキスパンダー/コンプレッサー/リミッタ−/ソフトクリップ機能/ステレオ/デュアル・モノ、あるいはMS モード切り替え可能/MS エンコーダー/デコーダー
■Brickwall Limiter:低歪高精度リミッタ−/0dBFS+ ピークの検出/ダウンストリーミング・ディストーション生成の制御
■MD3 はモノ音源/複合ステレオ・ミックス両方に対応
posted by 中嶋のんと at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。