2007年04月01日

99〜隧道-水の記憶-〜


IMIパフォーミングアーツ講座の企画・制作のもと開催された『隧道−水の記憶−』は、震災によって役目を終えた神戸湊川の地下水道『湊川隧道』の物語を、音と映像によって提示したインスタレーションイベントです。再生され、生命力にあふれ希望に向かう隧道の記憶を多くの人々に体感してもらうため、3人のアーティスト(8期生の中嶋啓人、三浦正幸、東稚英)が場の力を最も引き出す要素として、水や自然の「音」と「光」を内部に配置し、隧道の物語をアートとの融合により提示しました。幻想的な場所とのコラボレーションは750人を超える来場者を魅了し、好評を博した。
その時に隧道内で出した音を再構築してます。


ラベル:隧道 音楽
posted by 中嶋のんと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サンプル音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。