2007年06月07日

もはや定番のコンデンサーマイク

もはや定番といわれつつあるマイク。
遠近により音の抜けが変わるところがあるが、その辺のツボがわかれば、コストパフォーマンス最大のマイクです。



特徴
【2005年MIPA受賞!】
(Musik Messe International Press Award)
世界中で大ヒットしたNT2の後継。王道を継承するNT2Aは指向性、PAD、ローカットを3段階で切り替え可能。ダイヤフラムはRODEの傑作HF1。使いやすさと音質を追求した傑作です。

スペック [RODE(ロード)/NT2-A]
■コンデンサーマイク
■種類:外部極性、25mmデュアルダイアフラム
■指向性:マルチパターン(無指向、双指向、単一指向)
■周波数特性:20Hz〜20kHz
■出力インピーダンス:200ohm
■S/N比:87dB(1kHz rel 1 Pa; per IEC651, IEC268-15)
■等価ノイズ:7dBA SPL(per IEC651, IEC268-15)
■最大SPL:147dB(@ 1% THD into 1kohm)、157dB(@ 1% THD into 1kohm)- パッド使用時(-10dB)
■感度:-36dB re 1Volt / Pascal(16mV@94dB SPL)+/-2dB
■最大出力:+16dBu(@ 1% THD into 1kohm)
■ダイナミックレンジ:140dB(per IEC651,IEC268-15)
■電源:ファンタム48V(P48)
■出力端子:XLR端子(2ピンホット、3ピンコールド)
■オーストラリアRODE社で設計、製造されたHF1 1インチデュアルダイアフラム。
■超低ノイズ トランスレスSMTサーキット
■熱処理された頑強な鉄製メッシュを搭載したヘッド
■耐久性に優れたサテン・ニッケル仕上げ
■内部ショックマウント構造
■付属品:ソフトケース、マイククリップ
■寸法、重量:5.5cm(直径) x 20.9cm(全長)、860g


posted by 中嶋のんと at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。