2007年06月25日

FOSTEXからFR-2LEが出る

映画収録での外ロケで大活躍のフィールドレコーダーPDシリーズやFR-2などの業務用ポータブル録音機を製造販売しているFOSTEXからついに民間用のフィールドレコーダーを出す。
EDIROLのR-09やZOOMのH4、そしてKORGのMR-1などのポータブルレコーダーの激戦区に投下した。

民間用から少し上を目指したものと業務用から下がってきたものとの対決ってところで、ビデオカメラのSONYとPanasonicの関係っぽい。

使いやすそうな所と何よりXLRとフォンのところが一番のポイントっぽい。さらに期待値は低いが内蔵マイクもついている所が高評価。
あとはコンパクトフラッシュであるという点が少し迷う点であろう。





特徴
●TYPE II コンパクトフラッシュ™ カードへBWF(Broadcast Wave Format)でステレオ記録。
●FAT32ファイル・システム採用。BWFはインターリーブ1ファイル仕様でDAWへのスムーズなインポートが可能。
●16/24bit, 44.1/48/88.4/96kHz及びMP3(192kbps)を選択可能(フォーマット時に選択。異なるFs/Bitの共存は不可)。
●RTC(リアルタイム・クロック)を内蔵しBWFのTIME STAMP(Y/M/D/h/m/s)に対応。記録ファイル名にも利用可能。
●単三電池及びRCバッテリーが使用可能。タミヤRC3600HV使用時で6〜13時間の動作が可能。
●USB2.0によるPCへの高速ファイル転送が可能(Windows XP/MacOS X対応)。
●1回の記録動作 = 1ファイル作成システムにより誤操作による上書き録音を防止。
●とっさに収録を開始した場合でも始まりの記録漏れを防ぐPre Record機能を搭載。
●99箇所のCUEポイント機能(ファイル毎に最大99記録可能)。※MP3記録時は登録できません。
●1分毎に自動的にファイル・セーブ処理を実行。不慮のトラブル時にもファイルの喪失を最小限に。
●外部マイク入力へのファンタム電源の供給はもちん、L/R独立したトリムとフェーダーによる緻密な音量制御が可能。
●インタビュー収録など、迅速な対応なを必要とする収録に活躍するLIMITER&ALC(Auto Level Control)搭載。
●本体に小型ステレオ・コンデンサー・マイクを内蔵。本体のみで簡易的な収録も可能。
●ワイヤード・リモート・コントローラー付属。REC/STAND BY/MARK操作を手元でも行なう事が可能。

※BWFとはIBM社及びMicrosoft社の“RIFF WAVE File Forma”に基づき、放送局や業務用途での利用を想定してヨーロッパ放送連盟(EBU)が策定したフォーマットです。
※本製品はMicroDriveには対応しておりません。
※バッテリーでの動作時間は参考値です。動作環境で大きく異なる場合があります。
※FR-2LEとFR-2では記録方式が異なるため互換性はありません。

仕様
【記録/再生】
●記録メディア 
コンパクトフラッシュ™カード
●サンプリング周波数/量子化
44.1/48/88.2/96kHz(24bit)、44.1/48kHz(16bit)/MP3(192kbps)
●記録時間
約94分(1GB コンパクトフラッシュ™カード使用時/16bit/44.1kHz/ST)
※1ファイル(1回の記録)の最大記録時間(容量)は4GBまでになります。4GB以上のメディアを使用した場合には1ファイルが4GBに達した時点で記録動作を停止します。また本機のMENU設定にて最大記録容量を4GBと2GB(初期設定)から選択可能。
●トラック数
2トラック(ステレオ)
●記録/再生周波数
20Hz〜20kHz±2dB(44.1/48kHz)、20Hz〜40kHz±3dB(88.2/96kHz)
●S/N
(ADC-DAC間 24bit/48kHz)
LINE:95dB(TYPICAL)
MIC(トリム最大):85dB(TYPICAL)
●ダイナミック・レンジ
(ADC-DAC間 24bit/48kHz)
LINE:95dB(TYPICAL)
●T・H・D
(ADC-DAC間 24bit/48kHz)
LINE:0.008%以下(at 1kHz -1dB TYPICAL)
●MIC
(トリム最大):0.01%以下(at 1kHz -1dB TYPICAL)
●チャンネル・セパレーション
90dB以上 at 1kHz 0dB(24bit/48kHz)
●リファレンス・レベル
-12dBFS
●ロケート・メモリー
CUEポイント:1ファイルにつき99個

【 入出力 】
0dBu=0.775Vrms、0dBV=1.0Vrms
アナログ入力(コンボ型)

[マイク入力]
●コネクタ
XLR-3-31 タイプ/バランス(2番HOT)
●入力インピーダンス
6Ω以上
●基準入力レベル
-50〜-10dBu
●最大入力レベル
+2dBu
●ファンタム
48V

[ライン入力 ]
●コネクタ
Ø6mm TSフォーン/アンバランス
●入力インピーダンス
10kΩ以上
●基準入力レベル
-10dBV
●最大入力レベル
+2dBV

[モニター出力]
(L,R)
●コネクタ RCAピン/アンバランス
適合負荷インピーダンス 10kΩ以上
基準出力レベル -10dBV
USB2.0(PC接続用)
コネクタ Series B Receptacle

[ヘッドホン出力]
●コネクタ
ステレオ・ミニ・フォーン

●適合インピーダンス
32Ω以上
●最大出力レベル
15+15mW(32Ω)

●内蔵スピーカー
最大出力 300mW


【 一般 】
●外形寸法
206(W)×57(H)×132(D)mm

●質量
約800g(バッテリー除く)

●電源
DC12V ニッケル水素(NiMH)/ニッカド/アルカリ電池(単3×4本)または専用ACアダプター/
タミヤRCバッテリー(NiMH)
●バッテリー動作時間
NiMH電池2150mA:P48使用時→約2時間/ダイナミックMIC使用時→約5時間
タミヤRCバッテリーRC3600HV:P48使用時→約6時間/ダイナミックMIC使用時→約13時間
※動作時間は参考値です。動作環境や電池の使用回数等で大きく異なる場合があります。
消費電力 約3W

付属品
CFカード(128MB)、ワイヤード・リモコン、電池ケース、ACアダプター、ショルダーベルト、袋
posted by 中嶋のんと at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。