2009年03月30日

Morse from ship~神戸ビエンナーレ2007~



神戸ビエンナーレ2007は神戸港で開かれる。神戸港=船ということで、汽笛。これはモールス信号で船全体を操作している合図となっている。
会場の音を録音し、それらをモールス信号(和式)で「神戸ビエンナーレ2007」といろんな音&テンポで流すと、曲としてなりたつ。それぞれの音が一つのメッセージを発する曲。どんな音でもメッセージを発する曲となる。
posted by 中嶋のんと at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | サンプル音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

plane an airplane


2005年12月に大阪府営りんくう公園にて行われたair electoronicaでの新曲。りんくう=飛行機という単純な理由で飛行機の音を収録し、それを削ったりして構成していった曲。


posted by 中嶋のんと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サンプル音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バスです。


2005年11月に行われた「Moblab with IMI」で作った曲。
バスだからということで、バスの音で曲を構成。


ラベル:バス 音楽
posted by 中嶋のんと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サンプル音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LOVEの「ラ」


イラストレーター モリシタ トヨミ、G・デザイナー 幾度 貴恵、映像作家 河本実千代による、女の子の、女の子による、女の子のためのアーティスト・ユニット「Tri-Tiara」が贈る、アニメーション映像とインスタレーションExhbition“Love Letter”展にてオープニングパーティ用に作った曲。
三人に「LOVE」と言ってもらい(ラの音で)、その音を加工して作成。



ラベル:love 音楽 a
posted by 中嶋のんと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サンプル音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羊楽


2005年春に六甲山牧場アートピクニックにて羊の声のみで作った曲。
タイトルを「ようがく」か「ようせい」かで迷った結果「ようがく」に決定。近々「ようせい」を作ろうと思う。
所載は以下のHPから。
http://rokkozan.hp.infoseek.co.jp/event/event_new.html

このイベントから、ひつじになりました。


ラベル:ひつじ 音楽
posted by 中嶋のんと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サンプル音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

99〜隧道-水の記憶-〜


IMIパフォーミングアーツ講座の企画・制作のもと開催された『隧道−水の記憶−』は、震災によって役目を終えた神戸湊川の地下水道『湊川隧道』の物語を、音と映像によって提示したインスタレーションイベントです。再生され、生命力にあふれ希望に向かう隧道の記憶を多くの人々に体感してもらうため、3人のアーティスト(8期生の中嶋啓人、三浦正幸、東稚英)が場の力を最も引き出す要素として、水や自然の「音」と「光」を内部に配置し、隧道の物語をアートとの融合により提示しました。幻想的な場所とのコラボレーションは750人を超える来場者を魅了し、好評を博した。
その時に隧道内で出した音を再構築してます。


ラベル:隧道 音楽
posted by 中嶋のんと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サンプル音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火の音楽会~AngelRemix~


2004年10月に六甲山の自然の家で行われたNatureArtCamp2004。
作曲家野村誠が行った「火の音楽会」というプログラム。
火の音楽会で発生した音を録音し構築していった曲。
Angelというのは廃棄寸前だったピアノのこと、ピアノと火の競演がおもしろく、その音がメインで作成した。


ラベル: 音楽
posted by 中嶋のんと at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サンプル音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。