2011年10月06日

「運河のほとりでおおだまこだま」

久しぶりに音作家として出演します。
今回もインスタレーションを行う予定です。

「KOBEデザインの日」記念イベント2011神戸運河音楽祭
「運河のほとりでおおだまこだま」

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

★日時 2011年 10月9日(日)14:00(終演予定17:00) 
※雨天の場合は、キャナルレガッタ神戸艇庫内で実施  
(神戸市兵庫区浜中町1−17−5)

★会場:兵庫運河(浜山小学校隣)    
最寄駅:地下鉄海岸線 御崎公園駅 徒歩3分

★内容: 
2009年に開催した「運河の音楽」。 
橋の下の仕掛け、工場でのサウンドアート、 
絵楽譜を演奏する子どもたちに岸壁のダンサーたち・・・ 
数々の出演者に「町に寄り添うような音楽」と好評でした。 
今回も運河をとり囲むように演目がズラリ。 
こだまにおおだま、是非聞きに来てください!

★出演
アキビンオオケストラ
音遊びの会(障害のある人・音楽家・ダンサーの即興音楽バンド)
音楽の広場隊(子どもたちと絵楽譜を作ります)
キャナルレガッタ神戸(水上の客席を作ります)
浜山ハンドベルグループ(高齢者のハンドベルグル―プ)
三田村管打団?(ほっこり系爆裂ブラスバンド)
稲田誠(うたとベース)
中嶋のんと(音作家)
ふじたなおこ(歌う紙芝居)
細馬宏通(うたとギター)
宮原正貫(法螺貝)
森本アリ(色んな楽器)
山路知恵子(打楽器) ほか

★制作
飯山ゆい
多田桃子
田村弘昭
中島香織
沼田苑子
橋本麻希
福井智子

★企画
沼田里衣

★協力:兵庫区役所、キャナルレガッタ神戸実行委員会、浜山小学校
★問い合わせ: 神戸運河音楽祭事務局
unga.odamakodama@gmail.com
TEL 090-3941-7648
FAX 178-751-6376

===================ボート試乗会も同時開催!=================== 
運河の中からの風景は、道路でも川でも空からでも味わえない魅力たっぷり!
是非どうぞ。 
ボート試乗会の予約は、名前、人数、年齢、住所、電話番号を下記へご連絡ください。
キャナルレガッタ神戸実行委員会:canal.regatta@gmail.com

==========================================================
http://d.hatena.ne.jp/riinumata/
ラベル:兵庫運河 Kobe
posted by 中嶋のんと at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アート等イベント関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

素材を生かす 「段ボールの家具と子どもたちが創る自分のイス展」

素材を生かす 「段ボールの家具と子どもたちが創る自分のイス展」
dantor.jpg

●4月23日(水)〜5月11日(日)
奥村昭夫のグループが創った段ボールの家具は新しい。素材感を生かしたユニークな型。
エコ素材・段ボールを生かした機能的・デザイン的に優れた家具を展示いたします。
子どもたちのイス創りワークショップもあります。

続きを読む
posted by 中嶋のんと at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アート等イベント関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

ミュンスター彫刻プロジェクト2007 23 Susan Philipsz -The Lost Reflection-

作品ナンバーとか順番はばらばらなので、
整理しながら気に入ったものからどんどん上げていこうと思います。
まず始めに行ったのが、ホテルに近かった橋の下の作品。
場所の特性を生かしており、個人的にはこの作品が一番のお気に入り。


対岸をはさみ、ソプラノとテノールが会話しているよう。
J. オッフェンバックのThe Tales of Hoffmanからの歌部分を作家のSusan Philipszさんが2パート歌っている。

橋の下ではすごくいい響きで声が聞こえる。場所を支配しているようだ。この声の上に川や、風の自然の音と、橋を通る車の音が心地よく耳に入ってきて、橋の真下(3つ目の写真)で聴くと気持ちがいい。

作品の設置仕方も綺麗。

さらに橋の上に行ってみると、ほとんど声は車にかき消される。
まさに、橋の下の芸術と言える素晴らしい作品でした。
10分おきぐらいにループでかかっており、横のベンチとかで読書とかしてみるのもいいかもしれない。また、ちょっと近くに「スワン(足こぎボート)」を貸しているところもあるので、本当に真下の真ん中でこの作品を味わってもいいかもしれない。

ただ、夜に行ってみるとやっていなかった。
ま、夜くらい中で女の人の歌声って結構こわいもん。。。
でも、個人的には夜の響きも聴いてみたかった。
この作品は残らないだろうなぁ。。。
残ってほしい。。。


posted by 中嶋のんと at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アート等イベント関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

ミュンスター彫刻プロジェクト2007

ブログを2週間放置していました。
その間、ドイツに言って参りました。
今年はベエネチア・ビエンナーレやドクメンタ12、そして、ミュンスター彫刻プロジェクトなどの芸術祭が同じ年に重なっており、
特にミュンスターは10年に1度の芸術祭。
町中がアートの街と化す。ということで、
これメインで、言って参りました。
近いうちにレポートを書いていきたいと思います。




posted by 中嶋のんと at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アート等イベント関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。